待機する場所の違い

ファッションヘルスなどの店舗型風俗店で働く場合、プレイルームのあるお店へと出向いてサービスを提供するので、現地までの移動に掛かる費用が発生します。その一方で、デリヘルなどの無店舗型風俗店では、派遣型のサービス形態を取っており、プレイするのは、派遣先であるお客さんのいる場所となります。そういった事情から、デリヘル嬢は、仕事が入るまでの間、特定の場所で待機することとなります。

店舗型ヘルスなどの場合、店内に待機するための部屋が設けられていますが、デリヘルなどの場合には、お店の用意する場所のほかに、自宅やお客さんから指定された場所で待機するケースも存在します。そのように、待機する場所が変わると、現地までの移動に掛かる費用の負担金額にも違いが生じてくることとなります。

風俗店で働くにあたって、交通費を節約するためには、自宅待機のできるデリヘルを選ぶのも一つの選択肢です。自宅待機の場合、お店の事務所へ顔を出す必要がないので、現地までの移動経費をカットすることが可能になります。自宅で待機する場合、お客さんから仕事の依頼があると、まず、お店のスタッフからデリヘル嬢へと連絡が入ります。その後は、お店のスタッフが車で自宅まで迎えに来て、風俗嬢を乗車させ、そのままお客さんの元へと出向くこととなるのが一般的です。