自宅で待機する場合

交通費の支給される風俗店は、それだけの金銭的メリットがあることは言うまでもありません。ただし、交通費の支給金額や給料とのバランスには、お店による違いがあるので、それらも併せてチェックすることが大切です。また、自宅待機のできるデリヘルで働けば、事務所へ出勤する必要がないので、現地までの移動費は掛かりません。

自宅待機のデリヘル嬢は、お店のドライバーにお客さんの元へと送迎してもらえるのが一般的ですが、場合によっては、自分で派遣先、あるいは指定された待ち合わせ場所へ出向かなければならないこともあります。そのような場合、現地まで移動するための費用が発生しますが、風俗嬢自身がその負担をする必要があるのかどうか分からない場合には、お店のスタッフへ確認しておくと良いでしょう。

とは言うものの、お店のドライバーに送迎してもらえるデリヘルでは、移動に掛かる手間暇や費用が節約できることは間違いありません。また、デリヘルの中でも、自宅待機の認められているお店で働けば、それらのメリットをさらに強く感じることができるでしょう。また、自宅で待機中の時間に、チャットレディなどの仕事をして、さらに多くの金銭的メリットを得ることも可能です。

待機する場所の違い

ファッションヘルスなどの店舗型風俗店で働く場合、プレイルームのあるお店へと出向いてサービスを提供するので、現地までの移動に掛かる費用が発生します。その一方で、デリヘルなどの無店舗型風俗店では、派遣型のサービス形態を取っており、プレイするのは、派遣先であるお客さんのいる場所となります。そういった事情から、デリヘル嬢は、仕事が入るまでの間、特定の場所で待機することとなります。

店舗型ヘルスなどの場合、店内に待機するための部屋が設けられていますが、デリヘルなどの場合には、お店の用意する場所のほかに、自宅やお客さんから指定された場所で待機するケースも存在します。そのように、待機する場所が変わると、現地までの移動に掛かる費用の負担金額にも違いが生じてくることとなります。

風俗店で働くにあたって、交通費を節約するためには、自宅待機のできるデリヘルを選ぶのも一つの選択肢です。自宅待機の場合、お店の事務所へ顔を出す必要がないので、現地までの移動経費をカットすることが可能になります。自宅で待機する場合、お客さんから仕事の依頼があると、まず、お店のスタッフからデリヘル嬢へと連絡が入ります。その後は、お店のスタッフが車で自宅まで迎えに来て、風俗嬢を乗車させ、そのままお客さんの元へと出向くこととなるのが一般的です。

交通費の負担について

通勤するために掛かるエネルギーや時間、費用の負担も、勤め先のデリバリーヘルスなどの風俗店を選ぶにあたって大切なチェックポイントとなります。それらの負担を軽くするためには、自宅から近い場所にあるお店や、交通の便が良いお店を選ぶのも良い方法です。

また、お店側で交通費を支給してくれるお店で働けば、通勤するために掛かる費用を節約し、手取り金額を多くすることが可能になります。ただし、求人案件に「交通費支給」と記載されていても、支給の基準や金額はお店によって違いがあるので、その点は注意する必要があります。また、交通費が全額支給されても、給料そのものが安く設定されているために、結局は手取り金額が少なくなってしまうということもあり得ます。働くお店を選ぶにあたっては、それらの事情を踏まえた上で、交通費の支給基準や給料とのバランスをチェックしておくことが大切です。

参照資料〔無料送迎サービスのある風俗店 汝々艶十三店 求人サイト〕

また、ファッションヘルスなどの店舗型風俗店とは異なり、デリヘルのような無店舗型風俗店の場合、店内に設けられたプレイルームではなく、お客さんの元へと出向いてサービスを提供することとなります。そのため、待機する場所によって、交通費の負担金額にも違いが生じてきます。